記事一覧

作業工程までも忠実に再現

コンピューターを駆使した新しい工作機械を数多く保有するヴァシュロン・コンスタンタンだが、オリジナルモデルの再現には、作業工程においても忠実である必要があった。ヘリテージ部門に保管されている古い道具を用いて、約100年前とほとんど同じ工程で作業を行なった。

图片描述

その例として、クッション型のケース加工には19世紀末に作られた正面フライス盤を用い、18世紀から残るドリルでムーブメントの地板に穴を開け、ブリッジに穴石を圧入する作業では20世紀初頭の打ち込み機を利用している。

 特にムーブメントの復元には多くの労力と時間を要したという。初めは、オリジナルに搭載していた11リーニュ・ヌーヴォー・キャリバーを分解し、構成する115個の部品を1点づつ綿密に調べることから取り掛かった。各部門が保有する当時から残された多くのパーツ群は、この完全復元プロジェクトに大きく貢献。地板や受けは保管されている製造台帳をもとに再設計され、さまざまな工程を経てひとつのムーブメントを復元する偉業を達成した。

图片描述

外装とムーブメントに限らず、使用する道具や作業工程まで、これほどの再現度を持つ腕時計は、未だかつて存在しないだろう。忘れ去られたノウハウを現代に甦らせ、ヘリテージの分野に重きを置くメゾンを象徴する1本が誕生したのだ。

 この特別なアイテムは、2021年を通じて世界中のヴァシュロン・コンスタンタン・ブティックを巡回し展示が行われる予定。たったひとつのコレクターズアイテムの実機を鑑賞できる、特別な機会になりそうだ。

時計スーパーコピー