記事一覧

歴史と伝統を重んじる時計の世界ですが

変化する時代だからこそ、定番を改めて知るのも良いことだと思うのです。

2021 AW ロレックス サブマリーナー デイト オイスタースチール 126610LV

图片描述

モデルケース
オイスター、41 mm、オイスタースチール
直径
41 mm
素材
オイスタースチール
ベゼル
60 分目盛り入り逆回転防止、セラクロム、刻印された数字と目盛りはプラチナコーティング
リューズ
スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
クリスタル
傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ
防水性
300m/1,000フィート防水
ムーブメント
パーペチュアル、機械式、自動巻

機械式時計のメカニズムが考案されてから約400年。歴史と伝統を重んじる時計の世界ですが、さすがにスマホがこれだけ普及した時代ともなれば、コンサバな時計業界だって変わらなきゃいけない。

ここで特記すべきは、歴史と伝統を継承しつつ細部を現代的な価値観へと"進化"させたこと。ロレックス デイトナ コピー便利に、ファッショナブルに、モダンに進化することで、時計はよりユーザーフレンドリーになりました。それもまた近年の新定番のひとつになっているのです。

ニューノーマルな生活も1年以上が経ち、新しい社会のルールと向き合いながら暮らす日々が続いています。そんな時代に合わせた価値観が芽生えはじめた昨今、時計に対する考え方も少しずつ変化しはじめています。

高級品に求める倫理観や変化する時間との向き合い方、新しい趣味や平穏な日々への渇望など、これまでになかった感情が時計選びにも影響を与えているのです。


高級時計を取り巻く社会情勢は、ここ数年で大きく変化しています。プライスも機構もデザインも素材も、常にアップデートしているのは揺るぎない真実です。

しかし一方で、いわゆる定番に惹かれてしまう自分がいるのも事実。結局のところ、高級時計は"伝統と革新"が両輪となって今日まで受け継がれてきたので、進化し革新するのも正しい姿ですが、一周回って定番の良さに気づくというのも正解ということ。

My Grand Seiko: ビル・アドラー

アメリカで人気のベストセラー作家であるビル・アドラー氏。グランドセイコーを全く知らなかったところからわずか数年で、20本以上も収集したコレクターだ。同氏に自身のコレクションを交えながらグランドセイコーの魅力を語ってもらった。

图片描述

ビル・アドラー(Bill Adler)とは?

1957年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。東京を拠点に活動するアメリカ人作家。ニューヨークのアパートの庭に設置した鳥の餌箱にリスが侵入し餌を盗んでいるのを見て、その対策方法をまとめた『Outwitting Squirrels』を31歳で執筆。これがベストセラーとなり本格的に執筆活動をはじめる。同書のほかに20冊以上の著書がある。

「今ではグランドセイコーだけで20本以上所有するまでになりましたが、もともとこのブランドのことは全く知りませんでした。今から5〜6年くらい前、当時ワシントンD.C.に住んでいた私には、東京に住むガールフレンドがいました。毎月のように10時間以上かけて2つの国を行ったり来たりする生活をしていたあるとき、帰国する前にふと何か日本にまつわる特別なものを持ち帰りたいと思ったのがきっかけでした。実は子供のころから腕時計は好きで、日付ディスクが切り替わる瞬間を見たくて夜中まで起きていたことがあったくらいです。20歳のころからは数年に一度腕時計を買っていたので、すぐ日本製の腕時計というアイデアを思いつきました。メイド イン ジャパンの腕時計を求めて新宿の時計店を訪れ、グランドセイコーと出会ったのです」

アイスクリーム王の手首には、超絶クールなスーパーコピー腕時計が巻かれている

1-900-ICE-CREAMでは、ドイツ製オープンカーのトッピングを筆頭に、突拍子もないフレーバーの腕時計を並べている。

ライアン・フィッツジェラルドは、自身が創業したフィラデルフィアの会社「1-900-ICE-CREAM」でアイスクリームを作りながら、ロレックスを、しかもNATOストラップのロレックスを、身につけるとは思ってもいなかったようだ。ガガミラノ 時計彼の会社では、Eコマースの店舗と超クールなフレーバーのモデルを使って、フィラデルフィアの人々に突拍子もないタイプのアイスクリームを提供しているが、「ロレックスは保守的すぎて、自分には合わないと思っていたね」と彼は言う。しかしその後、彼は“オレンジ色の稲妻がついたロレックス ”を見つけてしまった。

图片描述

彼が語っているのはミルガウスのことだ。この非常に目立つ時計に、時計と同じくらい目立つレインボーモチーフのNATOストラップを装着している。ロレックスの購入によくあるように、このミルガウスは彼の食品・飲料業界でのキャリアにおける個人的なマイルストーンとなっている。

图片描述

フィッツジェラルドは、20代前半にアパートの一室で手作業でTシャツにスクリーン印刷していたときから長い道のりを歩んできた。スクリーン印刷をきっかけに、世界的な銀行との印刷契約を管理する仕事に就いた。「人々が欲しくないものを売るのは好きではないし、デジタルの世界で印刷サービスを売るのは難しいことだった」という。

 しかし、彼の次の仕事は、前の仕事とはまったく違ったものになった。

2015年、印刷ブローカーとしてのキャリアを維持しながら、「Boku Supper Club」を立ち上げたのだ。このアンダーグラウンドなポップアップディナー事業は、フィラデルフィアの豊かな飲食業界で大きな注目を集めた。「最初は、自分の休暇を利用して友人のためにディナーパーティーを開いていたんだ。一日休みをとって、『4つのコースディナーをやろうと思うんだけど、来ない? 少しばかりのお金を出して、ビールを持ってきてね』なんて言っていたね」

 ビジネスは拡大し、Bokuは短期間でセンセーションを巻き起こした。しかし、彼がデザートに提供していたマカロンのアイスクリームサンドを食べた人たちは、特に熱狂的だった。

图片描述

彼は、Bokuが軌道に乗ったとき、アイスクリームに自分の将来を見出した。そして現在はフィラデルフィアで「1-900-ICE-CREAM」のビジネスを計画的に構築している。彼は毎日、朝起きてミルガウスを装着し、業務用キッチンに向かい、親しみやすく実験的なフレーバーをミックスしている。彼の目標は 「スニッカーズバーをどうやってアイスクリームとして表現するか、それを根本から作り直すにはどうしたらいいか。チョコレートケーキやピーカンパイ、アップルパイなど、みんなが知っているものをアイスクリームに作り変えてみたいんだ」